その他の質問と答え

特にありません。車椅子対応にする場合は、段差をなくすために、扉を別のものに変える必要があります。このとき扉幅も最大82㎝程度にはできますので大きくしておく方がよいでしょう。
このとき、ドームハウスは床高が高くないので、雨水が進入してこないように、入口前に、少しスロープを作っておく必要があります。
福祉施設の個室、老人施設の個室に最適です。一定の設備を施せば、病院施設の室にも使用していただけます。
1棟で36.3㎡(11坪)ありますので、必要な設備を計画することで十分可能です。
2棟3棟と連続すればたいへん楽しいファミリー向け住宅が実現できます。
発泡ポリスチレンは吸音材にも用いられますが、そのままでは性能を発揮することができません。内装材に比重の大きい塗装剤、左官材を使用する必要があります。これによってかなりの防音効果が期待できます。防音壁材は、現在は鉛入りのもの等、種類が豊富です。
キッチン等ドーム内で火を使用される場合は、内装を不燃材の認定を受けている塗装材に変更する必要があります。
 
販売店募集

よくある検索キーワード